エリクシールシュペリエルもアクアレーベルもどちらも人気のあるスキンケアブランドですが、両者はどんな人に向いているのかどんな部分に違いがあるのか気になる方もいるかと思います。

エリクシールシュペリエルとアクアレーベルはどこに違いがあるのかを知り、どちらを買おうか迷っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

エリクシールシュペリエルとアクアレーベルの違いを探ろう

エリクシールシュペリエルとアクアレーベルはどちらも資生堂から販売されているスキンケアブランドです。

どちらも人気のあるスキンケアアイテムがズラッと並びますが、両者の違いはどんな部分なのかを見ていきましょう。

ポイント1:対象者
まずは両ブランドの対象となる人はどんな人なのか、違いはあるのかを見てみましょう。

①エリクシールシュペリエル
エリクシールシュペリエルはエイジングケアラインとして販売されているブランドで、“つや玉”を売りとしています。

つや玉は頬の高い位置にできる印を指し、このつや玉ができることでハリのある若々しい肌を実現することができます。

広告は篠原涼子さんが務めていることから、対象年齢は40歳前後以上ということになり、エイジングケアを始めたいと考えている人でもはじめやすい価格や手軽さも人気の秘訣です。

②アクアレーベル
アクアレーベルはオールインワンで知られている部分が大きいのではないでしょうか。

毎日のスキンケアをもっとちゃんとした方が良いのかな?と悩む方を対象とし、希少な美肌必須アミノ酸を配合し、簡単なお手入れでもしっかりと保湿やハリを与えることのできるブランドラインとなっています。

広告を務めるのは杏さんで、子育てや仕事に頑張る女性の味方、マイペースに毎日をこなしていこうというブランドメッセージがこめられ、対象となる年齢は30歳前後以上となります。

両ブランドの対象者の違いは明白なので、自分のライフスタイルや肌悩みに合わせて選ぶことができそうですよね。

ポイント2:販売場所
エリクシールシュペリエルもアクアレーベルどちらもどこで販売しているのか、販売場所に違いはあるのかも重要ですよね。

エリクシールシュペリエルもアクアレーベルも資生堂の公式オンラインストアを始めとし、ネット通販で注文することが可能です。

エリクシールシュペリエルはカウンセリング化粧品に分類されるため、薬局などで購入する場合は割引の対象外となったりすることがあります。

アクアレーベルはカウンセリングをしながら購入する化粧品ではありませんが、同じく薬局などでは割引対象外となることもあるようです。

この点は店舗によってアクアレーベルもカウンセリング化粧品として扱うかどうかという違いがあるようなので、割引クーポンなどを利用したい方は事前に店舗に確認をしておくと良いでしょう。

口コミをチェック!

エリクシールシュペリエルもアクアレーベルもどちらも人気がありますが、両者のブランドの口コミには違いはあるのでしょうか。

ポイント1:エリクシールシュペリエルの口コミ
エリクシールシュペリエルの中でも人気の高いリフトモイストローションに対する口コミを見てみましょう。

●保湿力も高く香りも良いので気に入っている
●リニューアルしてさらに浸透しやすくなった
●しっとりする化粧水でとてもお気に入り
●乾燥肌だけどこの化粧水を使うと本当に潤う

リフトモイストローションはリニューアルしたばかりの商品ですが、品切れもでているため気になる方は早めにチェック&購入をおすすめします。

ポイント2:アクアレーベルの口コミ
アクアレーベルからはこちらも人気の高いオールインワンのスペシャルジュレの口コミを見てみましょう。

●オールインワンなので急いでいる朝に楽
●とにかく簡単でべたつかないし保湿もしっかりできる
●疲れた日や手を抜きたい日、旅行先にも持っていきやすいので使いやすい
●使用感が良く香りも気持ちよかった

このように見てみるとアクアレーベルのスペシャルジュレの評価も高いことがわかり、それぞれのブランドによって違いはあるものの、使用者は満足しているということがわかります。

どちらのブランドが自分に合いそうなのかを良く見比べてみてくださいね。