スキンケアは効果ももちろん大事ですが、継続して使用できるかどうかは価格による部分もありますよね。

エリクシールシュペリエルは資生堂から販売されているスキンケアブランドですが価格がどの程度なのか気になりますよね。

エリクシールシュペリエルには二種類の乳液がありますが、価格に違いはあるのかどんな効果があるのでしょうか。

またエリクシールシュペリエルをライン使いするとどれくらいの価格になるのかもチェック!

エリクシールシュペリエルの乳液の価格は?それぞれの効果は?

エリクシールシュペリエルの乳液には二種類あり、それぞれ使用目的も価格も異なります。

ポイント1:エリクシールシュペリエル デーケアレボリューションT(T+)
デーケアレボリューションは朝用の乳液となり、SPF30のTとSPF50のT+があります。

朝の化粧水の後にデーケアレボリューションを使用することで、夕方までつや玉をキープすることができる仕様となっています。

というのもデーケアレボリューションは乳液の効果に加え、化粧下地とプロテクターの役割も持っているため朝の印象を崩さず夕方までキープさせることができるというわけなのです。

朝用の乳液を塗った後やメイク後の乾燥による小じわを目立たなくする効果もあるため、そうした悩みを持つ方にもおすすめです。

下地効果によりファンデーションのノリや付きをアップさせることができるエイジングケア効果のある朝用乳液となります。

気になる価格は1本約2ヵ月分で3024円(税込み)となっています。

3つの効果を合わせもっている点を考慮すると、価格的にも満足度の高い商品と言えるのではないでしょうか。

ポイント2:エリクシールシュペリエル リフトモイストエマルジョンT
リフトモイストエマルジョンは肌に均一なハリを与えてつや玉が続く薬用乳液です。

朝にデーケアレボリューションを使用する方はリフトモイストエマルジョンを夜に。

デーケアレボリューションは紫外線防止効果のある成分が配合されているため夜に使用することはできませんが、リフトモイストエマルジョンは朝でも夜でも使用することができます。

またさっぱり(Ⅰ)、しっとり(Ⅱ)、とてもしっとり(Ⅲ)の3つの使用感から選ぶことができるため自分の好みや肌の状態に合わせて購入することができます。

価格は1本約1ヵ月分で3780円(税込み)です。

本体以外にも詰め替え用が3132円(税込み)という価格で販売されているため、1本使い終わったら次からは詰め替え用を購入するのがおすすめです。

エリクシールシュペリエルをライン使いすると価格はどれくらいになる?

エリクシールシュペリエルをライン使いするとどれくらいの価格になるのか気になりますよね。

シンプルなケアとスペシャルケアをライン使いした場合、どれくらいの価格になるのかを見てみましょう。

ポイント1:シンプルなケア
まずはシンプルなケアとして化粧水、朝用乳液、夜用乳液の価格を見てみましょう。

◎リフトモイストローションT(化粧水) 3240円(税込み)
◎デーケアレボリューションTまたはT+(朝用乳液) 3024円(税込み)
◎リフトモイストエマルジョン(夜用乳液) 3780円(税込み)

3つの商品でシンプルなケアをする場合の価格は10044円(税込み)となります。

化粧水と夜用乳液は詰め替え用の販売も行っていること、詰め替え用の方が多少価格が安くなることから2回目以降は詰め替え用の購入がお得になるためおすすめです。

ポイント2:スペシャルケア
エリクシールシュペリエルからはスペシャルケアも多く販売されています。

いくつか取り上げてみると、
◎ブースターエッセンス(導入美容液) 3132円(税込み)
◎エンリッチドクリームTB(美容濃密クリーム) 8640円(税込み)
◎スリーピングジェルパックWN(ジェルパック) 3024円(税込み)

などが販売されています。

ブースターエッセンスは化粧水の前に使用しますが、クリームやジェルはお手入れの最後に使用するもので一日の疲れを癒してくれるようなケアができるアイテムが揃っています。

スペシャルケアアイテムは商品によって価格にも差があるため、自分が購入しやすい価格のものや続けやすい価格のものから始めてみるのも良いでしょう。